【ひげ剃り•Panasonic・フィリップス】Panasonicのひげそり価格設定おかしすぎw

どもつなぎです。

1:替え刃が本体セットより安いとかw

まったくフランス関係ないんですがちょっとPanasonicのむちゃくちゃな価格設定に言及します。

ごらんのとおりPanasonic12製のひげそりの刃が壊れてしまいました。

それで替え刃を買おうと思いAmazonでみたところなぜか本体セットのほうが替え刃onlyより安い!

Amazon替え刃のトップカスタマーレビューです。

ES-RL13(本体セット)を買って歯をとって本体を捨てるべし

ES-RL13というパナの低価格シェーバーにも全く同じ歯(ES9013)がついています

ES-RL13は実売2900円。
ES9013は実売3700円。

つまり、替刃だけを買うと800円の損。
シェーバーES-RL13を買って歯だけを抜き取って本体を捨てましょう。

パナソニックはエコ企業だとか言ってますが
こういう価格設定をしている限り偽善といえるでしょう。
なんせ本体を捨てたほうがお得なのだから…

ようするに替刃が不当に高いわけで
プリンター商法(本体を無利益でバラマキ定期交換の消耗品で回収する)
によるビジネスは、企業利益にとっては重要な戦略かもしれませんが
地球環境には非常にダメージを与える精度といえるでしょう。

つぎにES-13(本体セット)を見てみましょう。

この製品のコメントです。

これに使われているものと同じ替え刃が欲しかったのですが、替え刃単品を買うよりこのシェーバーを買った方が安上がりでした。変な話ですよね。替え刃の単品を安くして!!  資源の無駄遣いです。

替え刃目的( ES9013)に買う

これはラムダッシュではなく、リニアモーター高速駆動が搭載されていません。
具体的には1.2Vのみで駆動されるモーターで、とても非力で、よく剃れません。
ラムダッシュの一部機種と替え刃は共通なのでES-GA21、ES-LC20、ES-LT20、ES-LT50、ES-LT70、ES-ST21、ES-ST23、ES8111、ES8115、ES8119、ES8954などのラムダッシュをお持ちの方が、替え刃目的( ES9013)に買って、本体は捨てるというのもありかもしれません。(エコでなくてすいません)

本体セットが2300円で替え刃が3100円。

笑っちゃいますね。

2:フィリップスのひげそりを買いました。

オランダのフィリップスの評判が良かったのでPanasonicのひげそりやめてそちらを買いました。

2399円でフィリップス製ひべそり買えるのでPanasonic替え刃買うより安いw

3:じっさいにフィリップスのひげそりを使ってみた

じっさいにAmazonでフィリップスのひげそりを買いました。

けっこう小さいです。

中身もシンプル。外国のメーカーらしい。

充電器とケースが付いてる。

いろんな言語で説明がある!

おお~。

もちろん日本語の説明書兼保証書が付いてるので安心。

本体はこうやって解体できます。

じっさい剃れますね。

4:まとめ

日本のメーカーはここ20年海外のメーカーに負けてますよね。

わたしはPanasonicのWindows7使ってるのでPanasonicはキライじゃないんですがこれはいただけない。

どこの製品もいっしょになってしまったら価格設定や宣伝力で日本のメーカーは勝ち目がない。

フィリップスのひげそりには満足してますが日本人としては悲しいです。

どうにかして日本のメーカーが復活してほしいです。

地方の小さなメーカーが東京を通さず世界に売りに出るとか必要ですね。

大企業は大きすぎて身動きとれませんから。

もっと生きやすく。

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す