【注意】わたしが気をつける2タイプの人間~『黒い家』を読んで

こんにちはつなぎです。

大学の卒論もひと段落しました。
で『黒い家』を読んだんです。

後味ワルい不気味さですね。

黒い家 貴志祐介

感想

後味ワル。
それぐらい重い。

わたしが人生で痛い目にあった気をつけなければならない2タイプの人間がいます。

①サイコパス

シンプルですね。

正式には精神病質と言います。Wiki参照
男に多いです。

共感や愛情なんてまったく持ちません。

傲慢で優秀。

人前では柔和でコミュニケーション能力も高い。

ただ実際は残酷で自己中心的。

なぜか異性にモテる。

優れた容姿を持つ。

社会的に成功してる。

高齢になってから彼らの残酷性が露わになる。

成功するのも当たり前です。

自信家で優秀でコミュ力高く、優れた容姿(イケメン/カワイイ)を持ってますから。

②サイコパスを偏愛する人間

女性に多いです。

勉強はできます。中々優しい。

ただサイコパスの異性を崇拝し信者となります。

容姿に優れる。

フランス信者にもけっこういます。

サイコパスの異性を慈愛にあふれる人間だと勘違いし偏愛します。

尻尾を出さないのである意味1番狡猾で残酷。

最悪なのは彼ら・彼女らが手を組むことです。
そうしたらいくら優秀な人間であっても勝ち目はありません。

対処方法は?

逃げることです。

つねに最大限の警戒をしましょう。

自身の直感を信じましょう。

クリムゾンの迷宮もおススメです。昨年11月に読みました。

老若男女だれにも読みやすいです。

ご意見・ご感想お気軽に!!

もっと生きやすく

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す