アンチコメントはその存在価値を否定するものが選ばれる

アンチコメントってえぐいですよね。

とにかくその人にとってもっとも突き刺さると思われることを選んでコメントするってかんじ。

例を挙げると

イケハヤさん(有名ブロガー)→宗教とか、煽動してるとか言われ

アイドル→容姿をdisるコメント

お笑い芸人→つまらない

明るさが売りのYouTuber→うざい

というかんじです。

アンチコメントはある意味真理

イケハヤさん自身はまったく宗教じゃないんですが、それを妄信している(これ自体はOK)人の中の一部が宗教のようだと。

アイドルも容姿は人によりますよね。

とくに今アイドルめっちゃいるんで正直美形とは口が裂けてもいえないアイドルもいます。

お笑い芸人も観る側によってはちょうつまらない。

明るさをウリにするYoutuberもイライラさせてうざい。

など・・・・・

SNSがない時代だとこのアンチコメントが本人に届くのにタイムラグがありました。

でもいまはすぐ届く。

コメント欄で争いが起こるのも日常茶飯事。

アンチコメントは一人前の証

アンチコメントが沸き起こることは一人前の証です。

本当に嫌いなひとや受け入れられない意見であっても本人にたいした能力も影響力もなければスルーします。

それをあえて批判するコメントが出るってのはその人が優秀な証拠です。

良くも悪くも人の心を動かしアンチコメントを書かせるくらいの行動をさせたのですから。

本当にどうしようもない悪い人に対してはアンチコメントなんかしないですよ。

「あいつは危険だ」

ってなって法律やルールを変えるか、監視をつけて社会全体で気をつけるしかありません。

アンチコメントが来るだけまだましなんです。

目下わたしの次の目標はアンチコメントが届くくらいブログを成長させることです。

すごく脆く批判に弱いわたしですがアンチコメントは乗り越えなければならない壁です。

アンチコメントをたくさん受けた後に新しいステージが待っていると信じてます。

以上です。

もっと生きやすく

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す