インターネット環境は電気ガス水道なみに衣食住の住に入る

つなぎです。

インターネットをNTTのWAKWAKに替えました。

そこでモーターの設定変更することを知らなかったのでネットが使えませんでした。

不動産屋さんに行って業者の方につないでもらって3時間でつながりました。

この1週間辛かった~。

ネット環境って衣食住の住に入れたほうが良いんじゃないでしょうか。

ネットがつながらないのってもはや電気ガス水道うごかない並にきついです。

もうムリ~ってなりました。

とくに年末年始は大学図書館が閉館しているのでネット孤立状態。

世の中なにが起こっているのか分からなかった。

ネット環境って衣食住の住に入れたほうが良いんじゃないでしょうか。

そう思うくらい発狂しそうでした。

そもそもわたしがブログを始めたのも社会のネット環境が進化したからです。

これしか伝える手段がありません。

有名人やお金持ちや政治家であればテレビや新聞や本で伝えることができます。

でもわたしにはそんな力もコネもない。

フランスを伝えたい。

自分の経験と主張を発信したい。

それがブログによってできるようになりました。

ネット環境は今まで技術の進歩に人々の価値観や社会が追いついていませんでした。

ネット教育もネットのもたらす未来像もまだ本格的に議論されていません。

いまの時点でネットについて真剣に考え準備している人(投資している人)ほど成功します。

とくに若い世代(35歳未満)の人はこれから社会が3転4転する可能性があるのですから少なくともネット強者になっておくべきです。

関わらないですまないんです。

わたしの課題は「ネット環境をいかに安く快適にどこでも準備できるか」です。

家のWifiがつながらなかったり、外出しているときに本当に困るからです。

ネット代もより安価に抑えたいです。

一生使うものだから。

生きている限りネット代はかかります。

いかにして安く・快適に・どこでも使えるようになるか。

さまざまな業者やネットの種類を比較したいです。

そうするとネット構築の知識も必要になりますね。

10年後には小学校から『ネット』の授業が必須となるでしょう。

もっと生きやすく

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す