先回りする思考法を読みました

51pdab3b2gl e-factor

スーパー名著ですね。アルティメット名著とでもいいましょうか。

佐藤航陽氏の書いた先回りする思考法です。

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AB%E5%85%88%E5%9B%9E%E3%82%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E6%80%9D%E8%80%83%E6%B3%95-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E8%88%AA%E9%99%BD/dp/4799317547

 

下線部が引用部分です。

では、どんな本なのでしょうか。

 

 

人間の思考の仕方を、とても客観的に指摘しています。

 

確かに、色々な方法を試して、成功したものを繰り返し、それを信じるのが人間ですよね。

 

また、新しいものを拒否すること、異常に期待することも、人間の性のようですね。著書の中では、

 

「人間はパターンの塊」

「人間が、目の前で起きている現状だけを見て近視眼的に新しいものを否定することも、繰り返し観察されるパターンです。まだ実現すらしていない新しいテクノロジーに過度に期待するというのも、同じく繰り返されてきたパターンです。 」

 

と指摘されています。

 

また、人の短絡性。先の見えていなさについても言及されています。著書の中では、

 

「人間は目の前で起きている現状だけを見ています。それゆえ、短期的な視点で、現在の業績が小さいといっては買収を否定し、ライフスタイルに合わないなどと理由をつけては新しい技術や、メディア、プロダクトを否定する一方、まだ技術的に普及する段階にいたっていないテクノロジーに過剰な期待を寄せたりします。」

とおっしゃっています。また、タイミングの重要性もおっしゃっています。確かに、大学の無料Wifiも20年前では、無理だったでしょうね。逆に、10年後であれば、遅すぎますしね。

 

 

「タイミングが早すぎれば、コスト、技術、品質、倫理などの面で社会に受け入れられることはなく、逆に遅すぎれば成果はすべて他人にもっていかれてしまいます。」

 

また、インターネットが、現代社会に及ぼす影響について言及しています。

「①自分の知識か他人の知識の境界線があいまいになる」

確かに、文字の発達、紙の発達、印刷技術の発達、インターネットの発達、そのコストの無料化、といった具合に、どんどん人の間で、知識は公有化してきました。二千年前は、占いで物事を決めていたんですから、ものすごい発達ですよね。それで、そのスパンは短くなってきています。

「②プライバシーという概念もあいまいになる」

自分の情報が全て、ネットで共有化して、見えてしまえば、全く誰がどこにいるのかわかってしまいますよね。

たとえば、Facebookでタグ付けされたら、誰とどこで、何をしてたのかが、自分の意思と関係なく、自分の友達にばれてしまいますね。

「③経済の中心は、非物質的な分野に移っていく」

昔は、農業が当たり前で、産業革命から工業、そして20世紀前半には金融が、現代ではインターネットが、と旬な産業は佐藤氏のおっしゃる通り移ってきていますね。

「④国という概念が意味を成さなくなる」

国民が国を選択出来るようになるそうです。また、現代国家が危険視・警戒しているのは、周辺隣国や対立している国家というよりも、大手IT企業(GoogleやFacebookなど)だそうです。

「⑤通貨の価値が下がり、情報が価値を持つようになる」

インターネットによって、通貨は価値の引き渡しの選択肢の一つに過ぎなくなると、著者は言っています。

確かに、私も通貨の価値ってなんだろうか?って思ってました。

それは、留学中(2014年9月~2015年8月)、140円1ユーロと円安だった為替が、帰国後(2015年9月~現在)に130…120…110円と円高になるという経験をしたからです。

このグラフは2014年7月31日~2016年10月21日のユーロと円の相場を表しています。

screenshot_2016-10-21-13-35-06

これ。超悲しいですよ。だって、

 

自分が留学していた頃、家賃代42000円かかったの(300ユーロ×140円)が、

同じ寮に今留学している日本から来た学生は、33000円(300ユーロ×110円)で

済むんですから。

 

 

また、その後、

「電車の切符の話(超おススメです)」、

「人類は働かず、好きな事だけしていればいい時代の到来」など、

この時代を生き抜く為に必要な事を

 

合理的な理由を述べたうえで

紹介しています。

 

とにかく、

 

 

今、ネット革命が起きていて、

 

今までの常識に縛られていては、次の時代に生き残れない

 

 

 

 

ことに気づかされました。

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す