男女平等ランキングはヨーロッパ中心主義の権化・フランスの女性かわいそうだなあ

ども「つなぎ」です。

男女平等ランキングってご存知ですか?

そうです。あの日本下げ下げヨーロッパ万歳するランキングです。

その結果をもとに一部の人が日本は女性差別国家で女性が虐げられているとアピールするランキングです。

欧米人に勘ちがいされるランキングですね。

だいっきらいです!

男女平等ランキングまじきらい

1:ヨーロッパ基準で測っているのだから、ヨーロッパが上位にくるのは当たり前

まず基準が雑すぎます。

「キリスト教と仏教とイスラム教のどれがもっとも優れていますか?」

と聞くより質が低い。

そもそもヨーロッパとほかの地域では社会構造も歴史も宗教も価値観も風土も違うのだから、その差異を無視するのは横暴としかいえません。

日本もそう。

男女は異なるんだから、その違いを尊重し協力して幸せな社会をつくっていけば良い。
それが日本の考え方でしょう。

男性になることを目的としたヨーロッパとは目指すところが全くちがう。

ヨーロッパにとってとても都合の良いランキングですよね。

かれらにとって都合の悪い審査基準は消されてる。

たとえば

女性への犯罪発生率とか

道端でセクハラ的言動をされる率とか

男性が義務・責任を果たしていない率とか

専業主婦と仕事を選べる率とか

そういうのは比べないのでしょうか。

フランスよりも日本のほうがはるかに良いです。

上記の点に関してはフランス人女性はほんとうにかわいそう。

みちばたで「Salop(あばずれ、淫売、不潔な女)」て言われるんですよ。

上記の点ではヨーロッパ中心主義の基準であっても日本のほうが女尊ですね。

日本的価値観に沿っていえば、女性がこどもを産んでいるのに男性がその分働かないのは男女不平等です。

女性だけ辛い思いするのはおかしいですよね。あれフランスのほうが男尊女卑?

2:フランス人って日本を知らないし、ヨーロッパ基準が唯一正義だと思ってるんで話がずれる。

例え①油揚げ

油揚げで例えるとわかりやすい。

みなさん「油揚げ」をどう説明しますか?
フランスに油揚げはありません。

だからフランス人は「油揚げ」を「肉」のことだと勘ちがいします。

おなじたんぱく質のことだから。

でも植物性たんぱく質と動物性たんぱく質はまったく違いますよね。

例え②ヨーロッパ言語と日本語

フランス語と日本語を比べても分かりやすいです。
ヨーロッパ言語ってアルファベットしか使わないから、フランス人にひらがな・カタカナ・漢字の概念は伝わりにくい。
中国語も漢字だけですね。

日本語を知らないフランス人=99.99%のフランス人に日本語と中国語は違うことを説明してもいまいち分かってません。

自分たちのことしか知らないから自分たちが1番だと思い込むんです。

3:日本は日本。ヨーロッパはヨーロッパ。

日本の基準や世界観でヨーロッパは測れません。

ヨーロッパの基準や世界観で日本は測れません。

それぞれの国のモノをそのままほかの国に当てはめれば良いわけではない。

それを分かってないフランス人とフランス関係の日本人が多すぎます。
一般的な日本人の感覚と日本の現状とずれすぎてあきれます。

とくに日本が111位という結果を利用して声高に男尊女卑を叫ぶひとがいるのがタチが悪い。

政治家の数・管理職・技術職の数・給与の差で日本は大きく順位を落としています。

これおかしくないですか?

政治家が少ないからといって女性が参政権がないわけではありません。

それに女性の支持が取れなければ政治家は選挙に勝てないので無視もできません。

管理職・技術職が少ないのは、女性が短大に行き寿退社するという風潮があったからです。

給与も妻が家計を管理する日本型家庭では意味を成しません。

夫婦がべつべつに管理する欧米型社会でしか意味がない。

これらの差があるからといって男尊女卑であるわけではないです。

そもそも日本は欧米とは異なる世界観で動いています。

4:日本では男性より女性のほうが幸せ・都合の悪いデータを見せないひとたち

幸福の男女差ランキングでは日本は2010年に世界1位に輝いています。

男女平等ランキングを紹介する人たちはこういった都合の悪いことは伝えないんですね。
それこそ不平等ですよ。

 

社会実情テータ図録さんにこと細かに書いてあります。

 

world values survey HP 2014.5.3、ISSP HP

world values survey HP 2014.5.7

5:労働ではさっさと女性も男性と同じように競争させるべき。

いまの男女論争のなかで欠けているのは、どこを平等にするかです。

嫁に入るのが幸せな女性もいます。

出世街道まっしぐら、起業して社長になる、フリーでバリバリ地位を築くのが幸せな女性もいます。

日本では前者があたり前とされてきました。そして優遇されている。

実際配偶者特別控除や年金保険もそうなってます。

子どもを産む女性をたいせつに扱うという神道の考え方が根強くあったからです。

ただもう「嫁に入る」「寿退社」は古いです。

男性一人では十分な収入を稼げません。

ヨーロッパ主義の影響で女性も働くように奨励されてきました。

もういっそのこと女性だから・男性だからとおたがいを優遇・冷遇しあのではなく競争させればいい。

そこで出産・育児にたいしては国・自治体が最大限援助する。

会社も育児休暇を与える。

ブラック企業は厳しく取り締まる。

そういったことをしていけばいいのです。

最後:フランス人のみなさんこれが世界111位の国の女性たちの意見にみえますか?

わたしがフランス人と話していて違和感をかんじるのは日本では女性に発言権がないと思っている点です。

動画を見てください。日本では女性ひとりひとり考えてはっきり発言しています。
(ていうか男のほうが発言できないことが多い気が・・ボソ)

4分18秒の女性の意見と4分50秒の女性の意見をきいてください。

日本=男尊女卑社会

で片付けられますか?

日本で男性であるから大変なこと・負担になっていること

もたくさんあるんです。

日本の労働環境ではすべてを会社にかけなければ出来ないことがあります。

わたしの父も朝は6時に家をでて、夜中0時に帰ってきていました。

休みは日曜だけでした。

そんな父を思い出すと、家事をやれ育児しろなんて口が裂けてもいえませんでした。

イヤムリでしょ!!!!

スーパーサイヤ人くらいじゃないですか?地球人にはムリ。

そんな労働環境はヨーロッパにはありません。

フランスの男性は責任も義務も負担もなく気楽で良いなっと思いました。(ほんとうに)

日本人男性に育児・家事をさせてくれる会社が当たり前になるとちがうでしょう。

いじょうです。

もっと生きやすく

コメントを残す