育ってきた環境の違い~フランスで人気の番組3選

フランスにいると、フランス人が育った環境と、自分達日本人が育った環境の違いに打ちひしがれそうになります。

特に、日本人なら知っているだろうテレビの話題とかが違うのが辛かったです。

お笑い番組や、情報番組でも

笑う犬の冒険やエンタの神様、笑点、ウリナリ、学校に行こう!、キューさま、とトリビアのの泉、、東京フレンドパーク、アンビリバボー、アタック25、筋肉番付、つくってあそぼ、笑っていいとも、世にも奇妙な物語、あいのり、めちゃイケ、はなまるマーケット、ワンナイ、ためしてガッテン、笑ってこらえて、世界丸見え、どうぶつ奇想天外、どっちの料理ショー、さんまのからくりTV、行列の出来る法律相談所、鉄腕ダッシュ、伊藤家の食卓、オハスタ、はねるのとびら、smaステーション、IQサプリ、たけしのTVタックル、ネプリーグ、アメトーク、ヘキサゴン、世界の果てまでイッテQ、爆笑レッドカーペット、ロンハー、お願いランキング、世界仰天ニュース、クイズミリオネア、空から見てみよう、嵐にしやがれ、ピカルの定理、しゃべくり007、アッコにおまかせ、ゴッドタン、ブラタモリ、ストレッチマン、ガキつか、進め電波少年、志村けんのバカ殿様、なんでも鑑定団、サンデーモーニング、さんまのからくりテレビ、マジカル頭脳パワー

と挙げることが出来ますし、

ドラマなら、

水戸黄門、渡る世間は鬼ばかり

くらいは最低限日本人なら知っていると思います。

 

アジアの国なら、日本のテレビ番組について多少知っていてもおかしくありませんが、フランスでは、誰一人として、日本のテレビ番組を知りません。これは、テレビで育ってきた自分にとって、すごく辛かったです。

銀魂が、テレビネタを入れてくるので、それで、後から日本のテレビ番組の名前くらいは、多少知るかもしれませんが、基本的に、フランス人は日本のテレビ番組は知りません。

 

笑いのつぼや、視聴者の求めるものが、異なるので、しょうがないのですが、いざコミュニケーションを取るときに困ります。

 

自分が、嫌なのが、Youtubeなどで挙げられている、「これが日本のテレビ番組だ」という主旨の動画です。日本のテレビ番組のごく一部を切り取って、さも日本のテレビ番組の全てがヘンであるかのように見せる動画がすごく多いです。

 

遠くの国なら、何をやっても許されるのか?っと疑いたくなります。

 

自分は、フランスのテレビ番組について少しずつ知っていきたいなっと思います。

フランス人の笑いのツボもわかるし、話題にも多少ついていけるからです。

今回は3つのフランス人気番組を紹介します。

 

1 The Voice ザ・ヴォイス

元々はオランダから、始まった歌のオーデイション番組で、世界中に同系列の番組があります。4人の超有名歌手の前で、候補者は歌を披露し、4人のうちの誰かが気に入れば、彼らの指導を受けて、次の審査に進めます。この番組で、有名になった歌手もいます。

グレーが、The Voiceのない国になります。

薄いピンクがその地域色の強いThe Voiceをやっている国で、

濃いピンクが、地域色の強いThe Voiceと子どもバージョンのThe Voiceもやっている国です。

赤が、オリジンのThe Voiceに近い形式のThe Voiceをやっている国、

オレンジがそれに加え、子どもバーションのThe Voiceもやっている国です。

 

the_voice_world_map

 

こうしてみると、日本や台湾や中央アフリカなどを除いた多くの国でThe Voiceという番組はやっているんですね。(フランスでテレビで見るまで、全くしりませんでした。)

 

Youtubeはこちらから。

2Plus belle la vie 美しい人生を!

フランスの人気ドラマです。2004年8月から始まりました。月曜から金曜まで放送されるので、日本の朝ドラみたいな感じですね。舞台は、南仏の地中海に面する町マルセイユ。

ドラマ放送一週間目は、7.8%の視聴率と苦しいスタートだったのですが、3ヶ月で、100万人の視聴者を獲得しました。

Youtubeはこちらから。

3 les anges de la telerealite

目的は彼らが彼らの夢をかなえること。様々な国や地域を冒険する若者たちのストーリーを描いた番組です。

公式サイトはこちら。

 

Youtubeはこちらから。

2 件のコメント

  • こんにちは。文化的背景の共通項がないと、分からない話や笑いってありますよね。少し話は変わりますが、子供相手でもそうです。世代が違うので、娘には、昔はやってたCM(ヤン坊、マー坊とか、ハトヤのCM(前はうーみー)、カステラ一番、電話は2番など) 通じません。 

    • ヤン坊、ハトヤのCm・・・ごめんなさい。わたしも分からないです。(汗)そうですね。同じ日本人でも少し世代が違うと話題さがし大変です。「ときをかける少女」は母だと1983年ドラマで、私の世代だとアニメ映画なんですよね。母が原田知世さんの「時をかける少女」をうたいだしたとき、びっくりしました。わたしの世代だと「ガーネット」なので。

  • コメントを残す