Youtuberが象徴する若い世代の脅威

0b20df97

 

今、ネットを通してYoutuberとか、ブロガーが沢山生まれてますけれども、

昭和60年代生まれ以降の若い世代が大半ですよね。

 

この現象、ちょーこえーって思います。

 

なぜなら

若い世代であるほど、ネットに対して抵抗がなく、上手に扱えるからです。

 

自分は、

平成4年(1992年)生まれで、

ガラケーは高校1年から、スマホは大学2年くらいから、みんな持ち始めました。

 

ガラケーがない時代、スマホがない時代を経験しているので、

若干の抵抗があります。

ガラケーはすげーテクノロジーだあ、スマホすげーな、ガラケーより全然いろんなこと出来るわあ

 

って思っちゃうんです。

 

でも、自分より下の世代は、

 

中学生から、スマホをもっている人もいるじゃないですか。

漢字もあまり知らない子どもに、スマホゲームをやらせてる親御さんも多いじゃないですか。

 

彼らは、まだ、自分のパソコンや自分の部屋を持っていないので、

 

自由に

ネットを使うことが出来ないと思います。

 

ただ、これが、5年後10年後、彼ら、スマホを子供時代から使いこなしてきた世代が、

自由にネットを利用できるようになったら、

 

僕ら、昭和60年代~平成一桁の世代は、

全く勝てなくなるわけですよ。

 

若いがゆえの斬新なアイデア、吸収力、柔軟性、体力、精神力、時間の自由・・・・・

幾らでも、敗因は考えられます。

 

毎年、4月になるたびに思うことでしょう。

 

次世代こえぇ~

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す