3人目 Louane ルアンヌ

どもつなぎです。

 

 

462694902 louane-de-voice-au-cinema_0

 

来ましたね。この方を紹介する時が・・・
今回は、Louane ルアン(ヌ)を紹介します。個人的には、ルアンヌというより、ルアンと言ったほうがフランス語の彼女の名前に近い発音だと思いますが、Wikipediaではルアンヌとなっているので、ルアンヌと書きます。

 

 

1996年生まれの19歳です。一人目に紹介したKenji Girac と同い年ではないですか!見た目が全く同い年に見えない…。フランス国民放送であるTF1(日本で言えばNHKみたいな局)の人気音楽番組「The Voice: la plus belle voix」に出場した事で注目を集めることになります。

 

 

The Voiceとはなんぞや?という方はこちら↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%82%B9

 

 

その時の映像があります。

その後、2014年に発表された映画『La familie bélier』(日本語ではエール!)では、主人公であるPaura(ポーラ)役を務め、2015年には「Le César du meilleur espoir féminin」という若手女優アカデミー賞的な賞を受賞します。(1990年にはあの重鎮 Vanessa Paradis が受賞しています。)

 

 

 

映画『La familie bélier』(日本語ではエール!)は、フランスの田舎に住む4人の家族の物語です。louane主演のポーラ以外の弟とご両親は耳が聴こえません。よって、ポーラの持つ歌手になるという夢を信じる事が出来ません・・・・・というストーリーです。その劇中の最後に、「Je vole」という歌をLouane演ずるPaureが歌うのですが、感動的らしいです。

 

 

映画の公式サイトが詳しく、綺麗な画像で紹介していますね。

http://air-cinema.net/

 

 

以下のwikipediaのページもどうぞ。(フランス語しかありませんでした…すいません。)

https://fr.wikipedia.org/wiki/La_Famille_B%C3%A9lier

 

 

ヤフー映画の評価です。

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%81/353061

 

 

映画.comの評価です。

http://eiga.com/movie/82203/

 

 

かなり高評価ですね。自分はまだ見てない(おいっ!見ろよ!)ので、そのうち見たいと思います。宣伝と「Je vole」を歌うシーンばっか見てます。

 

 

 

一曲目/JOUR 1 ある一日

 

こんな高校生活してみてぇと思いました。部活ライフも良いけど、友人とダラダラ目的もなく放課後過ごすのも、面白そうですよね。

 

 

そもそも、フランスって日本の高校や中学のような部活が存在しないんですよね。なにか、クラブ活動したかったら、地域のクラブやサークルに入ってやるらしいです。だから、フランスに行くと、暇そうにしている中高生にめっちゃ出会います(笑)。フランスの若者(中学生~大学1・2年くらい)って、決まったメンバーでずっと一緒にいる事が日本よりも多い気がします。

 

 

日本だと、クラスのグループ・部活のグループ・地元メンツ・習い事のメンツ・塾や予備校のメンバー・同じ小学校のメンバー・同じ中学校のメンバーって場面場面で全く違うメンバーと絡むじゃないですか。あれが、フランスだと少ない気がします。グループが決まっていて、そのメンバーとずっと一緒にいる。で、めちゃ仲が良い、羨ましいくらいに仲が良い、迷惑をかけたり、逆にかけらたりするのは当たり前、試験対策を一緒にやったりする。困ったときにはいつも助けてくれる。

 

 

フランス人の友人は、日本の部活や愛好会は良いシステムだって言ってました。自分的には、強制的に入部したり、成績の為に入部することが無くなれば、良いなって思います。強制的ってそれもはや授業やん。

 

 

話がそれました。そうですLouaneの歌といえばこの曲をまず思い浮かべます。

彼女のデビュー曲JOUR1!

二曲目/Je vole 私飛びます。

 

 

はい、映画『La familie bélier』(日本語ではエール!)の劇中の最後に主人公であるPaura(ポーラ)(=Louaneルアン(ヌ)が、家族にパリに行くことをこの歌で告げます。ただ、耳が聴こえない家族の為に、歌いながら手話でも歌います。まだ、映画見てないのに、この歌の部分見るだけで、感動しちゃいます。

 

 

ちょうど、この時期、自分もフランスに留学していて、お世話になったフランスのご家族にさようならっと言う時期だったので、自分の環境とシンクロして、泣いてましたね。歌詞も平易なフランス語なので、わかりやすかったってのもあります。

 

コメントを残す