【フランス・ボルドー・カフェ】びみょうだったカフェと最高なイギリス!なカフェ

ボルドーのカフェに行ったのでレビューします。

1:「SIP」おススメ度☆

公式サイトはここ

正直びみょうでした。

アクセスはいいです。

住所:69 bis rue des Trois-Conils – 33000 Bordeaux
営業時間:月曜~土曜 8:30~18:30 日曜定休日

L’Hotel de ville と呼ばれるトラムのターミナル駅からすぐ。

でも飲み物が…。

コーヒー(エスプレッソ2ユーロ)がおいしくない。

酢を入れたかのように酸っぱい。

砂糖を足してもこの酸っぱさは変わらなかった。

抹茶ラテもただのミルクでした。

抹茶のにおいも苦味もせずただ温かいミルクを飲んでいるだけの気分。

チョコケーキは抜群にうまかった!

反対にケーキはおいしかったです。

内装はいいかんじ。

フランスのカフェ全体にいえることですが内装はすばらしかった。

わたしは上のロフトみたいなところに座りました。

大きなソファーで2時間3時間まわりに気を使うことなくくつろげます。

総評価:飲みものを改善するべし。ただそれ以外はグッド。

2:Anyteasおススメ度☆☆☆☆

フランスはコーヒー(フランス語でカフェ)の国。

イギリスは紅茶(フランスでテ)の国。

だからフランスで紅茶ってあんまり飲めないんですよね。

ここではイギリスの紅茶とお菓子を堪能できます。

わたしは

スコーン2コ6.5ユーロ

Gouter noir6.5ユーロを頼みました。

スコーンは2コあるので友達と一緒に頼むのもあり。

会計時に狭いレジに並ばなければならないのがマイナスです。

欧米の方ならそんなに気にしないと思うんですが

日本人だとやっぱりそこらへん気おくれしてしまいます。

店員さんと他の客が出入りする入り口の近くにレジがあってお会計するあいだそこを邪魔にならないようにしなければなりません。

テラス席(外)と店内席(中)があります。

テラス席は静かなボルドーの町の一角で気持ちいいですよ。

店内席はガチイギリスって感じできれいです。

店員さんはイタリアなまりのフランス語を話す男性でした。

とても感じのよい対応をしてもらいました!!

まじおススメです!

いじょうです!

もっと生きやすく

コメントを残す