メンタル強い日本人はぜひともフランスにチャレンジして欲しい

つなぎです。

見出しタイトル

1.メンタル強い日本人はぜひともフランスにチャレンジして欲しい

メンタル強者はフランス滞在を経験してほしいですね。
いかに

『日本の影響力の及ばない世界(アメリカやアジア圏外)では日本がボコボコに言われてる』か

分かるからです。

私は日本で当たり前だと思ってた

日本人の教育水準やマナーモラルの高さや自己犠牲の精神、謙虚さ、語らない美学が、外国では当たり前でないこと

を学びました。

それはフランスに行って初めて分かりました。

フランスにも教育水準の高い人や謙虚な人はいます。
でも日本ではそれが文化としてすでに組み込まれてるんです。それが違う。

柔道や剣道なんか礼で終わり礼で始まる
野球なんかもそうですよね。

文化の中に組み込まれてるんです。

じゃあフランスでは文化の中になにも含まれてないの??って考えてみると、
フランスでは感じ良く接することが文化として多くのフランス人に備わっています。

しかし残念ながらフランスでは、マナーやモラル、謙虚さ、自己犠牲の精神に欠ける人が多いなと私は感じました。

それはフランス人が悪いのではなく、日本にそういった文化・精神が組み込まれているんです。
日本社会がマナーやモラル、謙虚さ、自己犠牲の精神に欠けた人間を許さないんです、
同時に、日本社会は、相手にもマナーやモラル、謙虚さ、自己犠牲の精神を求めます。

それが過労死であったり、学校や職場の理不尽にも耐えなければならない状況につながっているんです。

いい面だけでなく悪い面もあるわけですね。

なにが言いたいかっていうと、

『日本では当たり前とされるマナーやモラル、謙虚さ、自己犠牲の精神のかけた人が多い』社会では

かなりきつい生活が待っているぞってことです。

フランスとかは友達や家族にはめちゃんこ優しいですが、その他大勢の人間にたいしてはとても冷たいですからね。
そんな世界を1度経験してみるのも、メンタル強い方にはいい経験かと思います。

2.日本人であることをけなされても日本を誇りに思うメンタルは大切

わたしがフランスにいたときとても気になったのが、

『日本人であることが恥ずかしいこと』だと思わされることです。

日本(人)のここがヘン/フランスはここが日本より優れている/日本(人)がなんでこうしないの?/日本(人)はもっとこうすべき

と言われることがありました。
とくにいわゆる欧米系好き系フランス人(英語話せたり、西ヨーロッパには旅行したりするフランス人)で、日本は知らんってタイプ。

欧米で言われる日本のステレオタイプどおりに語ってくるのでどう切り替えしても「ほんと?」という顔をされることが多かったです。

ずっと言われると、いつのまにか自分の心の中で、日本(人)を恥じる気持ちが芽生えてきます。

あれっ!?

いまは日本にいるので、あのときの日本(人)を恥じる気持ちが周りの環境からつくられたことがよく分かります。

フランス在住日本人もしくはフランス語をやっている日本人でなぜか高飛車に日本を見下している方が多いのもなんとなく分かる・・・。

私はいくらフランスで

日本や日本人であることをけなされても、

日本人であることを誇りに思うし、日本は世界一の国のひとつであると自信をもって言えます。

フランスに行ったり、フランスにいるからと言って、「日本がフランスより劣った国でだめだからフランスに来た」
とは思われたくないです。

フランスにいる日本人や、フランス人と関わる機会のある日本人がもっと日本(人)の良さを発信すべきではないでしょうか。

以上です。

もっと生きやすく。

シェアしていただけるとうれしいです!