江戸東京たてもの園(東京都小金井市)ってフランス人のご友人を連れて行くのにおススメ

フランス人の友人を連れて東京・小金井にある江戸東京たてもの園にいってきました。

安いし意外に近いしありのままのむかしの建物が残っているすばらしいところ。


むかしの東京の建物や文化を残すためにつくられたばしょです。

ゆっくり観光できていいですよ。

ブラジル人や韓国人観光客もいました。

池袋・新宿から1時間以内で行けるんでおススメです。

あととなりにある都立小金井公園は無料で自然めっちゃあるんで気楽ですね。

場所は新宿・池袋より西!

アクセス:JR中央線「武蔵小金井駅」から徒歩20分
西武新宿線「花小金井駅」から徒歩20分

料金:一般400円、大学生320円、高校生と東京都外の中学生200円、小学生と都内の中学生無料

団体20名以上だともっと安くなります!

休園日:月曜日

①前川國男邸


中は洋風でした。

ロッジみたい。

1942年に建てられた家なので戦時中の家ですね。

②デ・ラランデ邸


1910年にドイツ人建築家デ・ラランデさんが建てました。

なかはカフェになってます。

③八王子千人同心組頭の家


江戸時代北海道に開拓していったことで有名な八王子千人同心の家です。

八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)は、江戸幕府の職制のひとつで、武蔵国多摩郡八王子(現・東京都八王子市)に配置された郷士身分の幕臣集団のことである。

その任務は甲州口(武蔵・甲斐国境)の警備と治安維持であった。

寛政12年に集団で北海道・胆振の勇払などに移住し、現在の苫小牧市、白糠郡白糠町の基礎を作った。

引用元-Wikipedia八王子千人同心

ぶっちゃけここがすごかった!!

いおりにあたることができます!

むかしのものもがっつりある。

むかしの伝統工芸も無料で体験できます!

これは布切れを編んだものです。

30~40分でできますよ。

ボランティアの方々が気さくで優しく教えてくださいました!!

外国人観光客にもなれていてすばらしい。

外国語が話せることより笑顔でふつうに堂々と表現することが大切なんですね。

あと外国語でのあいさつを言えるのも大切ですね。

ボランティアの方々を見ていてそう思いました。

④高橋是清(たかはしこれきよ)邸

たてもの園の中心に建つこの家はもっとも見ごたえがありました。

まず大きい!!

高橋是清が毎晩寝ていて、ニ・ニ六事件で彼が襲われた部屋があります。

高橋是清は日本の幕末の武士(仙台藩士)、明治、大正、昭和時代初期の官僚、政治家。立憲政友会第4代総裁。第20代内閣総理大臣(在任 : 1921年〈大正10年〉11月13日 – 1922年〈大正11年〉6月12日)。

引用元・wiki/高橋是清

その部屋は2階なのですが登り専用階段がなかなか見つからない・・

くだり専用階段から登らないように・・・

ボランティアの方が2階にいて「ここ高橋是清が討たれました」

と説明してくださいます。

このおうち窓ガラスがむかしのものでゆがんで見えるんです。

それとどことなく床がでこぼこしている・・・ような・・・気がする・・

お庭もきれいでしたよ。

ぜったいフランス人にウケるはず!

⑤レストランも悪くない!

園内に小さなレストランがあります。

日替わりランチを頼みました。

うまい!

内装も昭和のかんじでした。

⑥川野商店(和傘問屋)


1930年ころの傘屋さん。

シンプルで地味ですがありのままで風情があります。

⑦小寺醤油店

1933年(昭和8年)ころの醤油屋さん。

がっつりアルコール置いてあるのはびっくりしました。

昔って醤油屋さんにお酒置いてたんですか?

ちょっとわからないなぁ~

専門の商品とちがう商品を置くのはいまの時代のコンビニみたいですね。

⑧仕立て屋

1879年(明治12年)の仕立て屋さん。

門や扉の背が低いです。

やはり年代が古ければ古いほど日本人の背丈も小さかったのでしょう。

⑨万徳旅館

1950年(昭和25)ころの旅館です。

わたしの親せきの実家である青梅市にありました。

外観の写真取るの忘れた!(涙)

むかしの井戸。

むかしのお風呂!

フランス人の友人は「ゼロの使い魔みたい!」と喜んでました!

こういうのはうれしいですね。

つれてきたかいがあった…

⑩子宝湯

1929年(昭和4年)の足立区にあった銭湯。

これヤバかったです…

マンガやアニメで見るような銭湯。

男女で掛けられた絵画が異なります。

日時によって2つの絵画を楽しめる。

でおふろには山の絵画!

⑪都電7500形

1962年の路面電車が一両あります。

wiki/東京都交通局7500形電車はこちらから

結果:めっちゃ満足でした!

フランス人の友人いわくフランス語で東京郊外の観光情報はないのでとても良かったそうです!

日本人が微妙かな~とかあたりまえだと思っている場所のほうがフランス人にウケるかもしれません。

それも考えてかれらを案内したいです。

もっと生きやすく

コメントを残す