エールフランス航空機内 映画La tête en friche

フランスから日本に帰国する際に機内でフランス映画を見ました。

その名も

La tête en friche

95歳のおばあさんへの愛と若い男女の愛が描かれています。

主人公の辛い過去

シングルマザーの母に育児放棄され、学校では教師にバカにされた辛い子供時代を抱えた主人公。

彼は正しく字が読めない。

公園でひとりの読書好きのおばあさんに会いそれを日課にしていく。

途中子供時代のイジメられた記憶が流れます。

それがリアルでエグい。

老齢となった母親との関係や酒場の仲間たちとの関係がじっさいにありそうなかんじ。

95歳のおばあさんへの愛

本来”愛”というテーマでは若いカップルの話が多いです。

それが1番やりやすいし多くの人が想像しやすいから。

ただこの映画はそんな典型的な愛だけではありません。

95歳のおばあさんにも主人公は愛を持ちます。

若い彼女との愛も育みながら笑顔が少しずつ増えていくかれに共感まちがいなし。

エールフランスに乗ったときはチェックしてみてください。

もっと生きやすく。

シェアしていただけるとうれしいです!