【フランス人から見た日本】人は自分の見たいものしか見ない。

人は自分の見たいものしか見ません。
自分が無知であることを忘れてます。

自分が見たくないもの・知らないものに対しては想像できません。

外国に対するイメージではこれが多いです。

フランス人から見たステレオタイプ的な日本。

オシャレなフランス!を妄想する日本人女性から見たフランス。

この二つはまさにいい例。

フランス人がどう日本をイメージしようとそれは彼らの勝手です。

でも本当の日本を知っている日本人の自分としては、あくまで本当の日本を伝えていかなければならないと思ってます。

それをフランスで日本人ができないから、フランスでは日本に対して変なイメージが浸透してるんです。

フランス人の言ったことを面倒くさいからと言って適当に相槌して同意していたらダメです。

何も変わらない。

少しでも勇気を持って、「めんどくせー」と思いつつも、

寿司
マンガ
ポルノビデオ(フランスでは”ヘンタイ”)
芸者

のイメージがいかに偏っているか伝えるべきだと思います。

フランス人の女性が言っていました。

フランス大好き!オシャレ系の日本人女性の友人に、現実のフランスを伝えると耳をふさぐと。

「やだっ聞きたくない」っと言うそうです。

これも自分の見たくない(知りたくない)ものは見ないことのいい例です。

じっさいは、フランス人も「ふつう」の生活をしているし、日本人も大半は「ふつう」の生活をしているんですよね。

おしゃれ!とかキラキラって生活をしているのは1%にも満たないのではないでしょうか。

わたしはその地域・国の「ふつう」の生活に関心があるので、「特別な」「キラキラ」した生活に興味ありませんが、

旅行客を呼ぶため、バラエティ番組のネタにするためには「特別な」「変わった」生活がその国であたかも「ふつう」であるかのように見せなければならないのですね。

いまはネットで個人の発信力が高まっています。

だれでも言いたいことを言える。

だから日本やフランスに限らず、おおくの国でのふつうの生活が分かるようになるでしょう。

それはとても良いことです。

ネット普及のメリットです。

以上です。

もっと生きやすく。