実際にフランス生活を経験した日本人に会ってホンネで話したのか?3つのポイント

フランスでは

日本を女性差別社会でフランスを女性が輝いてる社会とする言説が根強いです。

しかし実際はどうなのでしょうか?

わたしはこのフランスでの言説や調査に

3つのポイントが欠けていると思います。

①メディアによる日本は女性を抑圧しているという洗脳
②謙遜の文化
③空気を読む文化

です。

欠けている3つのポイント

①メディアによる日本は女性を抑圧しているという洗脳

フランスに行ったことのない日本人、海外経験のない日本人は

メディアやうわさによってまるで

「日本が女性抑圧社会で欧米が女性輝き社会」

かのように洗脳されてます。

だから日本の男女平等について話すとき

無意識に「日本は女性抑圧社会」

だと言ってしまうのです。

②謙遜の文化

日本には

謙遜の文化と空気を読む文化があります。

謙遜の文化によって

「日本を欧米よりも遅れているダメだ」

と言うのです。

へりくだるのです。

このへりくだる文化を知らないフランス人が日本人の言ったことを真に受けてしまい誤解が生じます。

③空気を読む文化

日本独特の空気を読む文化によって

質問者、つまりフランス人が期待する意図どおりに

答えてしまいます。

日本人にとってそれは偽善でもウソでもありません。

礼儀なのです。

これら3つのポイント

①メディアによる日本は女性を抑圧しているという洗脳
②謙遜の文化
③空気を読む文化

を把握していないと

見誤ってしまいます。

フランスでは上記の3つのポイントを理解(知っている)できている方が少ないです。

じっさい日本は女性が大切にされてます。

女性だからっと日本社会や日本人男性はすごく気を使います。

日本に来れば分かります。

もっとほんとうの日本や日本人女性と日本人男性の関係性を知ってもらいたいです。

以上です。

もっと生きやすく。