労働法をガチで勉強したい人におススメ『労働法入門』

労働法ガチ勢の方におススメな本を紹介します。

書評のタイトル

1:労働法入門 (岩波新書)

一般人向けにわかりやすく書いたらしいです。

でも十分専門的でしたw

時間も体力も限られた一般人に読んでもらうにはもう少し読みやすく絵や図や写真を入れたほうがいいですね。

ただ専門家の解説書ということで日本の労働まわりの法律に詳しいです。

ガチめに労働法知りたい方にオススメ。

大学生だと難しいかな。

会社に務めてる人だと読む気力が出ないかも。

気力も体力も時間もある人にオススメですw(何いってんだじぶん)

2:日本人の英語 (岩波新書)

在日アメリカ人のかたが日本人が陥る英語のまちがいを指摘しています。

これだけ上手に日本語を書けるのがすごい。

外国語でその母語話者に向けて書くってとてもむずかしいことですよね。

それだけで尊敬します。

内容は終始一貫しています。

わたしは英語の細かいまちがいやニュアンスのちがいは興味ありません。

なのでテキトーに流して読みました。

むしろ英語から見た日本語の特性を知りたかったです。

日本語が上手なネイティブが母語のニュアンスを説明する本がほかの言語でも出てきて欲しいな。

以上です。

もっと生きやすく

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す