英語が苦手?それでも仕事がいっぱいある日本はすごい【フランス留学ホンネ記12】




導入

こんにちは。つなぎです。

今回は、英語が話せないってじつはすごいこと!
というテーマを話したいと思います。

ズバリこんな疑問に答えます
・英語を話せないことはダメなことなの?
この記事を読めば下記のことが分かります
・英語を話せないことは、だめなことではない。
・日本が豊かな国であることの証明。

日本語だけで豊かな生活を送れることがすごい

英語を話せないことは、恥ずかしいことではありません‼

それは、わたしたちは日本語だけで
十分、英語を話す人たちよりも裕福な生活ができているからです。

外国人のなかに、ときどき日本人の英語のレベルの低さを
批判する人がいますが、的はずれだと思います。

そもそも、日本は、英語圏ではありません。

英語が話せる人達は、過去にイギリスの植民地であったり、
現地語が経済的に弱かったから、いま英語を話せるんです。

日本人は、今まで日本語だけで一生何不自由なく生きてきました。
それは、世界的に見ても凄く特殊で恵まれている証拠です。

だから、日本人が英語を話せないのは当たり前なんです。

現に、日本をのぞくアジアの人々は、英語をじょうずにしゃべります。

でも、日本よりも経済的に豊かではありません。

日本では、日本語でほぼすべてのことができます。
大学や大学院に進学できるし、
就職もできます。

趣味や遊びも日本語だけで、十分できます。

日本人が日本語しか話せないのは、日本語が強い言語だから

日本人が日本語しか話せないのは、
日本語が(日本では)強い言語だからです‼

海外の多くの国では、
現地語よりも、英語・スペイン語・フランス語・アラビア語・ロシア語
のような、強い外国語が影響力を持っています。

でも、日本では、日本語が圧倒的に強い影響力を持っています。

これは、けっして当たり前のことではありません。

日本が、日本語で世界の先進国になったから、
日本語が強い言語になったのです。

私たち日本人が、
日本語しか話せないのは、
ある意味、日本が経済的に恵まれた国である事の証拠なのです。

100年後は、日本人もペラペラ英語を話しているかも

今は、英語が話せない人がほとんどだと思います。

でも、もしかしたら、100年後は日本人も英語を話しているかもしれません。

それは、日本の人口が減るから。

日本の人口が減ると下のような影響がイメージできます。

日本の人口が減ると・・・

・日本の人口が減る

→日本語を使う人が減る
→日本語で書かれた商品が売れなくなる

→企業が日本語で書かれた商品を作らなくなる、英語で書かれた商品を作るようになる
→日本人もお金を稼ぐため、商品を買うために、英語を学ぶようになる

→たくさんの日本人が、英語を話すようになる

たとえば・・・

・家電製品が日本語で製造されなくなる
・映画やアニメが日本語で製作されなくなる
・スポーツシューズが日本語で作られなくなる
・小説が日本語で発表されなくなる

という可能性があります。

理由は簡単。
日本語だけで生活できなくなるからです。

なんか、とてつもなく悲しいことですね・・・。

個人的には、英語教育よりも、
IT教育や理数教育に力を入れたほうが、
将来の日本人の生活は豊かになる気がします・・・。

いま、わたしたちが、日本語だけで生活できていることは
世界から見たら、非常識で
恵まれていることだと思います。

まとめ

本記事で、書いてきたことを
簡単にまとめると下記のとおりです。

まとめ

・英語が話せないことは、だめなことではない‼

→日本人が日本語しか話せないのは、日本語が強い言語だから

→日本語だけで豊かな生活を送れることがすごい

→100年後は、日本人もペラペラ英語を話しているかも

以上です。

このブログが、
これからフランスに行く方
もしくはフランス人と関わる機会のある方の
参考になれば、とても幸いです。

なにかコメントあれば、
ツイッターでもこの記事のコメント欄でも
書いていただけるとうれしいです!

SPONSORED LINK

カテゴリー

アーカイブ

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください