フランスなんてオシャレじゃないよ。一般ピーポーこそ行くべき理由【フランス留学ホンネ記5】




導入

フランスってオシャレなイメージがありますよね。

実際にフランスに行ったことのある人は、
そんなイメージないんですが、
まだ一度もフランスに行ったことのない人だと
オシャレなイメージ持ってると思います。

そんな方に、フランスがオシャレじゃないということ、
一般ピーポーの日本人こそフランスに行くべき理由を
説明します。

こんな疑問に答えます
・フランスってオシャレなイメージがあるけど、行っても大丈夫?
・一般ピーポーがフランスに行っても大丈夫?
この記事を読めば下記のことが分かります
・一般的なフランス人がどんな雰囲気か分かる

1.ふつうの一般ピーポーの日本人がフランスに行く事に意味がある

一般ピーポーこそフランスに行く意味があると
個人的にはおもいます。

①上流家庭の日本人は、親の仕事や旅行でフランス行く

※ここでは上流家庭=お金持ちの家庭・フランス界隈と人脈を持っている家庭とします。

まず、上流家庭の日本人は、親の仕事や旅行で、
フランスに行くことが多いです。

一般家庭だと、よほど親がフランス好きじゃないと
フランスになんて行かないですよね。

ひと昔前だと、海外留学・海外旅行で
フランスに行くのは、情報もなく、

一般家庭には手が届かないものでした。

でもいまは、
日本政府が海外留学を後押ししていたり、
インターネットでフランスの情報を簡単に手に入ることもあり、
一般家庭の日本人でも、フランスに行きやすくなりました。

また、LCCのような格安航空券も広まっているので、
文字通りだれでもフランスに行きやすい時代に
少しずつなっています。

このチャンスを見逃すのはもったいないです。

②上流家庭の日本人は、フランス人と接点を持ちやすい

上流家庭に生まれれば、
私立中学や私立高校で、フランス留学も身近なものです。

また、親が外資系企業に勤めている・
海外企業と接点のある機関に勤めているなど、
フランス人に限らず、外国人と接する機会は多いです。

一般家庭だとこういったチャンスはあまりないですよね。

③一般ピーポーの日本人にとって、フランスはまだまだ遠い国

先ほど、昔よりも一般家庭の日本人にとって
フランス留学・旅行が身近になったと書きました。

ただ、まだまだふつうの日本人にとって、
フランスは遠い国だと思います。

フランス語・フランス社会・フランス文化が、
英語圏やアジア圏に比べて、日本でまだまだ知られていません。

だからこそ、フランス滞在経験を持つ日本人の価値は
高いと思います。

2.日本に行きたいけど、金がないフランス人

①一般的なフランス人は海外旅行するようなお金がない

フランス人は、意外にお金を持っていません。

日本だと、フランス人は、ヴェルサイユ宮殿のような広大な庭付きの家に
住んでいると思われていますが、
実際は違います。

平均給料は日本人よりも低く、
税金がとても高く、可処分所得はとても少ないのが
現実です。

失業率も高いです。

③日本に行きたいけど行けないフランス人が多い

日本に行くことが夢だというフランス人もけっこういます。
ただ、上記のとおり、お金がなく、
日本旅行どころか、海外旅行もできないフランス人が
いっぱいいるのが現状です。

④一般家庭の日本人と一般家庭のフランス人の交流の大切さ

大昔は、日本の皇室とフランスの上流貴族しか、直接交流することがありませんでした。

20世紀も、日本の上流家庭とフランスの上流家庭の間でしか、
交流がなかったと思います。

ただ、2020年の今であれば、
日本の一般家庭とフランスの一般家庭の人間が、
交流することも可能です。

3.フランス人はオシャレではない

①ユニクロがお金持ちのファッションになってる事実

今、フランスで日本のユニクロが流行っています。

ZARAやH&M以上に、少々高級なイメージで、
フランス全土で展開されています。

日本人のわたしたちにとっては、
老若男女が着るユニクロが、フランスでは、
オシャレなブランドになっているのです。

とくに、お金持ちのフランス人の間で、
ユニクロが流行っています。

いかに、日本人がふだんからオシャレなのか
わかりますね。

②フランス人の服装は、めっちゃ地味

実際、ふつうのフランス人の服装は
とても地味です。

なぜか、日本ではパリコレの影響からか、
オシャレなイメージが普及していますが、

ほんとうのフランス人の服装は、暗めの地味なものです。

オシャレをしていると、
お金持ちだということで、
犯罪に遭いやすくなります。

防犯のため、フランス人は、ふだん地味な服装をしています。

④日本人がオシャレだから、日本人はフランスで犯罪のターゲットになる

フランスを知らない日本人が、
フランスに初めていくとき、
めちゃめちゃオシャレな恰好をしていきます。

それで、犯罪に遭うことがけっこうあります。

③日本人の方が、100倍オシャレ

365日24時間こぎれいな恰好をしている日本人のほうが
フランス人よりも100倍オシャレです。

まとめ

以上、『フランスなんてオシャレじゃないよ。一般ピーポーこそ行くべき理由』
というテーマで書いてみました。

下記、まとめです。

・ふつうの一般ピーポーの日本人がフランスに行くことに意味がある
・日本に行きたいけど、行けないフランス人が多い
・フランス人はオシャレではない

じっさいのフランス人は、わたしたち日本人が思うよりも
素朴で率直な国民です。

服装も地味だし、質素な生活を送っています。

マスコミやファッション雑誌の歪んだイメージは、
捨てて、フランスに行ったほうが良いと思います。

また、上流家庭ではない一般のフランス人と
一般の日本人がやっと直接交流できる時代になったのが
大きなポイントだと思います。

お互いが持つ偏見も少しずつ解消されていくのではないでしょうか。

以上です。

SPONSORED LINK

カテゴリー

アーカイブ

シェアしていただけるとうれしいです!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください