【東京 私立高校 都立高校】なぜ、東京の公立進学校は、私立に比べて知名度が低いのか。




会社に入って、ある日、30代の先輩からこんなことを言われました。

その先輩は、静岡県出身で、就職で、はじめて都内に引越してきたので、首都圏での受験経験がありません。

会社の先輩
地方では私立の高校は滑り止め、公立高校が優秀なことが多いよ
つなぎ
へえ~、そうなんですか。

(心の中:「大学時代、新潟にいたから、なんとなく知っているけど。」)

会社の先輩
東京って、私立(高校)の方が公立(高校)より頭いいじゃん?
つなぎ
ええっと…(突然のことで焦る)どうなんでしょうね・・・。

次の日のつなぎの心の中…

つなぎ

東京都民は、公立だから~とか私立だから~とか、で高校を選ばないんだよ‼‼

それは、公立でも私立でも優秀な高校がいっぱいあるから‼‼

学校の合格実績・校風・部活の強さとか…で決めるんだよ‼

不景気になってから…石原都知事が都立高校改革してからは、

学費の安い公立がけっこう人気あるんだよ。

あの先輩、ビジネス雑誌をすごく読んでるって言ってたけど、

都立進学重点校とか都立の中高一貫校とか知らないんだ…

都立高校改革

(省略)

2001年(平成13年、横山洋吉教育長(のち東京都副知事)は「進学指導重点校」を指定した。

第一号に日比谷・西・戸山・八王子東が指定される。

(中略)

2003年(平成15年)には第二号として国立・立川・青山を追加した。

2003年(平成15年)には学区制度を完全撤廃、

2005年(平成17年)には都立学校では初となる附属中学を開校し中高一貫教育に乗り出した。

中高一貫となる都立学校は、

2010年(平成22年)には10校まで増える予定である

(桜修館・小石川・白鴎・両国・富士・大泉・南多摩・北多摩・武蔵・三鷹)。

2007年には「進学指導特別推進校」に新宿・駒場・小山台・国分寺・町田の5校が指定された。

いわゆる中堅校に対しては「中堅校活性化推進事業」を展開し、

学区撤廃に伴って各校が特色を出すことを推進。

また、需要の少なくなった底辺校定時制などの廃統合を

「下から順番につぶす。」「高校の事業整理。」として積極的に行った。

自身は学歴観について「オール5を取っても使い物にならない役人にしかなれない。」

「自分は東大に50人近く合格者を出した高校で東大へ行けなかったんだから落ちこぼれだった。」

「何かひとつ秀でたものがあればいいんだ。」等と述べている

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/石原都政#都立高校改革

前置きが長くなりました。

とにかく、東京の公立高校(都立高校のこと)って、知名度低いですよね。

っで、なぜか、東京は、私立の学校の方が、頭がいいと思われているふしがある…。

なんでだろうっと思ったので、理由をまとめてみました。

目次

1:大学進学・就職で初めて東京に来る人が多い

東京に今いる人で、高校受験を経験した人って、何%いるのでしょうか。

たぶん、半分もいないと思います。

大学進学や就職して、初めて東京に来る人が多いです。

だから、とにかく東京の高校自体知らないんですよね。

本人達からしたら、関係のないことですから。

結婚して、子どもができて、高校受験(もしくは中学受験)するときに、

初めて、東京の高校受験(もしくは中学受験)を経験します。

そのときになって、初めて、東京の高校を知ることになります。

2:テレビに出るのは、いつも私立中高一貫校。私立中学・高校は、宣伝活動が上手。

クイズ王選手権とか、〇〇全国大会とかに出るのって、

私立の中高一貫校です。

それは、私立は、自分たちでカリキュラムを組めるからです。

また、テレビに出れば、有名になって、受験生が増えるので、

学校運営側は、そんな生徒達を支援します。

エスカレータ式に内部進学ができる学校も、

私立中学・私立高校には多いので、

生徒たちは、受験勉強の分のエネルギーを100%課外活動に注げます。

 ※高校受験(大学受験)がないということ

受験がない分、部活や課外活動に力を注げること(中学生なら、大学受験の準備ができること)

高校まで(大学まで)の進路が保証されていること

これが、私立中高一貫校をに入学するメリットですね。

公立中学・高校だと、高校受験・大学受験があるので、

生徒側は、100%課外活動に集中することはできません。

卒業したら、その学校とは縁が切れるので、

自分の(高校・大学)受験に集中する人多いです。

また、学校運営側としても、

都立高校が全国的に有名になるメリットがあまりないので、

課外活動を全面的に支援することは、ほとんどありません。

東京であっても、公立学校は、公立学校です…。

※「東京の私立中学・高校は、宣伝活動をしていて有名」という点については、

東京や関西の私立大学が宣伝活動をしていて有名で、

地方の有力国公立大や単科大学の知名度が低い

っていうのと似ています。

3:上京する人は、都心に住む

地方から上京する人は、都心にすむ傾向があります。

都心の方が、大学や会社から近いからです。

家賃が高くて住めないって人も

東京23区もしくはその周辺の武蔵野市や調布市や川崎市(神奈川県)に住みます。

この地域は、有名な私立中学・高校が多いです。

東京全体を見渡せば、公立高校も私立高校も優秀な高校もありますが、

この地域ー大学・会社の行き来だけしてると、私立中学・高校の宣伝効果もあいまって、

さも私立中学・高校の方(だけ)が、圧倒的にすごく優秀という錯覚に陥りがちです。

4:私立中高一貫校に子どもは、親の経済力がすごい。

私立中高一貫校は、学費がとてもかかります。

とうぜん、親の平均収入も、公立中学・公立高校よりも高くなります。

そんな私立中高一貫校にかよう子どもの家庭は、裕福な家庭が多いです。

そして、子どもに色々なことを挑戦させることができます

スポーツ・習いごと・予備校・海外留学・私立医学部受験など・・・・。

この、親の経済力が、子どもの将来に影響します。

やはり、私立中高一貫校の子どもの方が

いろいろな可能性に挑戦しているので、結果的に、大人になって成功しています。

単純に学力だけの勝負なら、

公立進学校の生徒も、有名私立中高一貫校に、ひけをとりません。

ただ、私立中高一貫校にかよう生徒は、親の経済力という、資本主義の日本において、

ある意味最強の武器を持っています。

※地方出身の方であれば、東京の私立中高一貫校出身者が

いかに可能性に恵まれているか、わかるかと思います。

5:偏差値だけは異様に高い。(とくに私立マンモス高校)

私立の学校は、大学受験に限らず、中学受験でも高校受験でも、

偏差値が高く出ます。

それは、公立高校(中学)・国立高校(中学)の受験組が、私立中学(高校)を併願して受けるからです。

私立中学・私立高校は、少しでも偏差値を高く見せたいのが本音です。

それは、受験生を増やすため、学校のブランドを保つためです。

そもそも、偏差値は母集団の質によって、いくらでも変わることを知らない人が多いので、

偏差値70の私立高校と偏差値65の公立高校だと、

私立高校の方が、優秀だと勘違いする人が多いです。

※マンモス私立高校では、定員が決まっている公立高校・私立高校よりも

生徒の数が圧倒的に多いので、有名私立大の合格数を多く出せます。

生徒数の少ない公立高校は、合格実績が映えないというのも原因ですね。

6:脳内変換

テレビ番組への出演や電車の車内広告で、

東京の私立中高一貫校のブランドは不動のものとなっています。

でも、待ってください。

そもそも、どこにも東京の公立が勉強できないなんて書いてないですよね。

ビジネス雑誌
受験雑誌
ネットの受験サイト
電車の車内広告

どこにも、書いてないですね…。

それなのに、

なぜか、「私立高校がすごい‼=公立高校より私立高校の方が優秀‼」

に脳内変換されてるんです。

怖いことです。

ただ…今は東京都も公立の中高一貫校を作って、私立中高一貫校に負けないようアピールしてます。

ここまでくると、ほんと「公立だから~」「私立だから~」って枠組みはなくなってきます。

いずれにしても、「進学」という面では、東京都民は、選択肢がいっぱいあるので、

恵まれてますね。

以上です。

もっと生きやすく。

SPONSORED LINK

カテゴリー

アーカイブ

シェアしていただけるとうれしいです!