東京はとにかく刺激が強すぎる。地方生活が向いてる人は、地方で生活した方が良い




つなぎです。

わたしは、生まれも育ちも東京の東京人です。

でも、小さな頃から

この街では住めないな(特に都心)っと思っていました。

目次

1:東京は刺激が強すぎる

東京の生活の何が苦しいかな~と考えてみると、

とにかく刺激が強すぎることが挙げられます。

パチンコをはじめとするお店の騒音、

駅の騒音、電車のアナウンス、

車や電車の走る音、

すべての音が大きすぎました。

また、眼に入ってくるものが刺激的すぎました。

電車内の広告、

ホームの看板、

街中の看板、

すごかったです。

新幹線で東京駅や品川駅に降りたことのある方、

地方から高速バスで新宿駅や池袋駅に来たことのある方なら分かってもらえると思うのですが、

とにかく東京は段違いにうるさいんですよ。

耳も目もすごく疲れてしまうんですよね。

これが1年に1回とかであれば大丈夫なんですが、24時間365日この環境で生活するっていうのは辛い。

2:新潟大学に進学して、東京のうるささに気づいた

新潟大学に進学したときは、おどろきました。

心身ともに非常に楽だったからです。

政令指定都市である新潟市にも、

古町や万代といった繁華街があります。

ただ、東京のような度を超えた刺激に遭遇することはめったにありません。

だからとにかく楽でした。

東京に住みたい若い人は多いと思いますが、

みんなにみんな東京の街が合うわけではないです。

3:東京には、騒音規制ってないのかな?

以前、メーカに勤めていた時、

私のいた会社の工場では、とにかく騒音対策を

徹底していました。

近隣住民に迷惑をかけないよう細心の注意を払ってました。

工場から出る騒音を数字で計測して、

基準値以下の数字であることをつねに確認していました。

では、東京ではどうでしょうか。

東京の街中では、

明らかに騒音とされるような

音量の音が出ていると思います。

4:東京に向いてない人は、地方もしくは東京郊外の周辺部に住みましょう

東京の生活だと私のように、なんだか息苦しさを感じる人も

かなりいるかと思います。

生活環境として、

東京よりも地方のほうが合ってる方は、

地方で生活した方が、楽です。

仕事や子育て、家族との生活があるので、

簡単に引越しはできませんが、

生活環境面でいえば、東京よりも地方が良いと思います。

地方が難しいのであれば、東京郊外のそれも周辺部(JR青梅線沿線・JR中央線の八王子駅以西)、

もしくは、埼玉県や神奈川県や千葉県に住んだ方が

クオリティ・オブ・ライフ(wikipedia)が上がると思います。

以上です。

もっと生きやすく。

画像引用元:Photo by Jaison Lin on Unsplash

SPONSORED LINK

カテゴリー

アーカイブ

シェアしていただけるとうれしいです!